スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗しました~

以前の話ですが、仲介さんとのやりとりで失敗したことを
書いておこうと思います。

ある自主管理物件の部屋を募集することになった際、仲介営業Aさん(初めての方)から連絡があり、
申込みをするお客さんがいるから部屋止めしておいて欲しいと言われました。

家賃保証を必須にしている物件ですが、
届いた申込み書は、本人の名前と住所がとりあえず1行書いてあるだけで
その他の保証人等の欄は空欄の状態でした。

正式に申込みを受理する際は、残りの欄を埋めて審査を通してもらった上で
こちらがどうするか判断することになっており、
空欄を埋めて審査を通しているとか、進捗がある時は、
担当者から翌日か2~3日後くらいまでには何らかの連絡があります。

この時はAさんから10日間も一切連絡が無かったので
すっかり話が流れたものだとばかり思っていました。
(こういうパターンはよくあるので)

その後、部屋を空けておくわけにはいかないので募集していたところ、
別の仲介会社営業Bさんがお客さんを決めてくれ、
保証会社審査も通り、契約書類が届きました。

そしたら、なんとその当日、Aさんから夜に突然連絡があり、
別のお客さんからお金を預かったから鍵はいつ受け取りましょうか、
というのです。

時間も経っていて、他の物件のやりとりもいろいろあったので
どの部屋の話だったかな?と自分でも一瞬わからなくなったのですが、
よく考えてみると、Wブッキングです(汗

Aさん、いつの間にか審査を通して重説してお金も受け取っていると言うし
焦りました。(確認したところ、契約書はまだでした。)

詳細を書くと長くなるので省きますが、
Aさんが連絡せず、こちらが承諾しないまま勝手に話を進めたことに対して言いたいこともありましたが、
こちらの連絡・確認不足はあったので、状況を話してまずは謝りました。

すると、翌日、Aさんが休みということで、店の責任者と名乗る方(初めての方です)と電話で話すことになり、
お客さんに別の大家さんの部屋を見つけて紹介するから、新しい部屋の広告費と仲介手数料、敷金・礼金等をこちらで全て払え、
金額はいくらになるかわからないから、まずは賠償として払う額を大家側から提示しろ!とか、
ヤ○○のような恫喝まがいの調子で、ひたすら言葉を変えお金を請求されました。
(こちらが女性だと思ったからか、きゃー、こわいーと思うくらい、当初すごい大声でしたよ。)

ビックリしました。
良くも悪くもこんな経験は初めてだったので。

別の大家さんが払う予定の広告費まで入ってるし!

もちろん、入居予定だった方には申し訳ないので、
大家側も仲介側も誠実に対応することが第一との思いで話をしたのですが、
どうやら話が紆余曲折し、先方の思惑はお金を大家側から口頭ベースで払うよう
引き出すことに焦点があるような気がしました。

結局、話が平行線のままだったので、こちらからは
宅建協会に相談する旨と、
お金を請求するなら、口頭ベースで大家から額を提示しろと言うのではなく、
会社としてちゃんと紙面で根拠を提示して請求してくれ、
ただし、それをこちらが承諾するかはそれを受け取ってから判断する、
と伝えました。


最後は先方がややトーンダウンし、
その後、連絡もありません。

もうこの仲介さんが連絡してくることはないと思います。

ブログなんで、これ以上のことは書けないですが、
まあ、こんなことがありました。

今後はWブッキングが二度とないよう、
仮申込みと正式な申込み受理の線引き、認識の共有と
営業さんから連絡がなくても、こちらからきっちり連絡をとっていこうと
あらためて思った次第です。


















スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

まるこ

Author:まるこ


プロフィール詳細はこちら

まるこへのご連絡はコチラから

お気軽にご連絡ください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

しょぼくれん

不動産投資サークル?!

QRコード

QRコード

アクセス

最新記事

関西大家の会

定期的なセミナー&懇親会を
開いたり情報交換を行っています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。