スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産12億円以上の富裕層、27%はすでに海外へ

中国の富裕層についての話題。
海外移民への希望が熱いようです。





胡潤(フージワーフ)研究院と中国銀行が合同で「中国プライベート財産管理白書」を発表した。
その結果、資産総額1000万元以上(約1億2000万円)の富裕層のうち、14%が国外に移民したか移民を申請中で、さらに46%が移民を考えているということが明らかになった。

(中略)

招商銀行が発表した白書では、1億元以上(約12億円)の資産をもつ企業主のうち、27%がすでに移住しており、47%が海外移民を考えていることが分かっている。

こうした現象に対して中国社会科学院人口労働経済研究所の胡研究院は、「富豪たちは生活の質向上と財産の安全を守るため。または国外での子供の教育や手厚い福利厚生を求めて海外に移住しています」と分析する。

海外に移住したい中国人富豪に人気の国はアメリカだ。アメリカ駐華大使は「中国人の直接投資は、アメリカ経済の発展に大きく貢献している。カナダやオーストラリアなど伝統的に移民を受け入れてきた国が、移住の敷居を高くしているのに比べて、我々は移民を支持している」とコメント。特に経済の低迷が続くアメリカでは、彼らを歓迎している。

米不動産市場で、救世主となっている。ローンを組まずにキャッシュで物件を購入するため喜ばれる。
(中略)

富裕層に5年間の長期ビザを発行する方針も取りざたされるなど中国人へのビザ発給条件が緩和されつつある。
来春には、中国語を話せる入国審査員が勤務を開始する予定だ。




どの国も、
国内のお金が海外へ流出するのは嫌なもの。

そのうち、規制が入るのでしょうか。



スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

まるこ

Author:まるこ


プロフィール詳細はこちら

まるこへのご連絡はコチラから

お気軽にご連絡ください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

しょぼくれん

不動産投資サークル?!

QRコード

QRコード

アクセス

最新記事

関西大家の会

定期的なセミナー&懇親会を
開いたり情報交換を行っています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。