スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木のぬくもりを感じるのはなぜ?

先日の物件見学でも思いましたが、
床材に無垢が使われていると、心地良いですね。

木のぬくもりを感じます

ところで、
そう感じるのはなぜでしょうか?



下記のような実験結果を見つけました。


<床材料のちがいによる足の甲の温度変化>
床材 温度変化
  (出展:山本孝他 「木材工業」Vol.22-1P.24,1967)


時間経過に伴う足の甲の温度変化を測定し、温度低下の速度を比較したところ
コンクリートが一番速く低下し、次いでビニールタイル、
木材が最も遅いという結果になったというものです。

室温22℃のときは大きな差がみられませんが、
室温18℃では、違いが顕著に出ています。


一言で言うと、
木材だと、室温が低い時、
他の材質に比べて足が冷えにくいということですね。

これは、木材の熱伝導率が低いことが
関係しています。

気温の低い冬場には、木材に触れても肌から熱が奪われにくく、
自分のぬくもりを実感できるため、心地よいと感じるようです。


では、なぜ木材は熱伝導率が低いのでしょうか?

それは、木材がパイプ状の細胞の集合体であるからです。

この細胞の内側は、
熱を伝えにくい空気で満たされています。



ちなみに、
同じ木材でも、木の種類によって
熱伝導率が違います


文章が長くなったので
続きは次回に。
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

まるこ

Author:まるこ


プロフィール詳細はこちら

まるこへのご連絡はコチラから

お気軽にご連絡ください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

しょぼくれん

不動産投資サークル?!

QRコード

QRコード

アクセス

最新記事

関西大家の会

定期的なセミナー&懇親会を
開いたり情報交換を行っています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。