スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南海地震 長周期地震動の予測地図

政府の地震調査委員会が、
南海地震について
長周期地震動の予測地図を発表しています。



政府の地震調査委員会は13日、四国・紀伊半島沖で発生が予測される南海地震について、長周期地震動の予測結果を公表した。特に揺れ幅が大きいのは大阪府東大阪市で、地面で南北方向に2メートル、30階建ての高層ビルで2.5メートルに達した。一戸建てなどに比べて高層ビルは共振して揺れが大きくなる恐れがあり、震源から数百キロメートル離れた場所でも、防災対策が求められる。

地震調査委は1946年の昭和南海地震(マグニチュード8.4)と同じ規模の地震が起きたと想定、揺れの周期を4段階に分け、予測される揺れの強さの分布図を公表した。
http://www.jishin.go.jp/main/index.html


地震動の周期が3秒の場合、舞洲(大阪市)では東西方向の揺れ幅が地面で1.5メートル、30階建ての高層ビルでは1.9メートル。愛知県庁(名古屋市)付近は地面が東西に30センチメートル、高層ビルが40センチメートル揺れる。

地震調査委は2009年に、東海地震、東南海地震について、長周期地震動の予測地図を公表していた。今後、東海、東南海、南海など、複数の地震が連動して起きた場合の予測地図を作ることも検討している。


長周期地震動予測地図


南海地震が起きた場合の各地での揺れの継続時間を予測した分布図。
赤に近づくほど揺れの時間が長いことを示す。
(地震調査委員会提供、「長周期地震動予測地図」2012年試作版より)




この地図を見る限りでは、
大阪エリアは、ほぼ真っ赤ですね^^;


スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

まるこ

Author:まるこ


プロフィール詳細はこちら

まるこへのご連絡はコチラから

お気軽にご連絡ください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

しょぼくれん

不動産投資サークル?!

QRコード

QRコード

アクセス

最新記事

関西大家の会

定期的なセミナー&懇親会を
開いたり情報交換を行っています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。