スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自殺・孤独死による損害を補償する保険

入居者の自殺・孤独死による
家賃収入減少等の損害を補償する保険が
昨年12月から販売されていますね。

エース保険の
「オーナーズ・セーフティ」。

以前あった同様の保険との違いは、
保険契約者が不動産管理業者でも、
家主に直接保険金が支払われる
という点のようです。


下記のような場合に、補償されます。



賃貸住宅入居者の自殺、犯罪死、孤独死の発生により、

① 家賃収入が減少した場合
② 敷金を超える原状回復費用を支出した場合
③ 遺品整理費用等の事故対応費用を支出した場合
④ 同種の事由(自殺、犯罪死、孤独死)が再発しないよう防犯カメラを設置するなどの
  事故再発防止費用を支出した場合




保険料は、例えば
月額家賃6万円の部屋の場合、
30 ㎡以下で年額3,350 円


補償内容は

・空室の期間、月額家賃 × 80%
・値引期間、月額家賃減少額×80%
   ※対象期間は、解約日から12ヶ月以内

・原状回復費用 100万円
・事故対応費用  10万円
・再発防止費用  10万円 等


保険料、安いですね。


過去に、京都の親戚が所有する物件で自殺がありました。
発見に1カ月かかったため、匂いがひどく
中に入ることさえできなかったとのこと。

下地から全てやりかえて現状回復が大変だったと
聞かされました。


精神的なダメージまでは補償できませんが、
金銭的なダメージをこの程度の保険料で
補償できるのなら、検討はありだなと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

まるこ

Author:まるこ


プロフィール詳細はこちら

まるこへのご連絡はコチラから

お気軽にご連絡ください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

しょぼくれん

不動産投資サークル?!

QRコード

QRコード

アクセス

最新記事

関西大家の会

定期的なセミナー&懇親会を
開いたり情報交換を行っています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。