スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい結果

前回の記事の続きです。


翌日から入居されるため、換気扇排気ダクトのところに
野鳥の雛をそのまま置いておくわけにはいきません。


巣を移動させることにしました。



親鳥が気付くように、
できるだけ近くの木の枝で(低い場所だとネコなどに狙われる)、
風雨にさらされないところに置いてあげるのが良いようです。

業者様が物件近くにある場所を選んで
脚立を使って巣をそっと移動してくれました。


雛の鳴き声で気付く親鳥もいるとのことですが、
数時間経っても、親鳥が来る気配が全くありません。

このままでは餌がもらえず、弱っていくばかりです。


ところで、
鳥獣保護法(正式名称は「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」)によると、
野鳥は、原則、飼育してはいけません。

学術研究等、一部の目的で飼育するのは可能ですが、
その場合でも都道府県知事の登録を受ける必要があります。


自治体によってさらに取り決めをしているので
調べてみました。



大阪府 野生鳥獣に関すること

大阪府 落ちているヒナを見かけたら

大阪府 傷ついた野生鳥獣を見かけたら


野鳥の雛は、救護の対象外となっています。

初めて知りました。


弱っていく雛をそのままにしておくのが忍びなく、
ダメもとで、野鳥を保護してくれそうなところを調べていくつか電話をしてみましたが
週末だったからかどこもつながらず。


意味が無いと分かっていながら、
鳥の雛の応急保護方法を調べて
ホームセンターに行き、鳥の雛用のすり餌等を
買ってきてしまいました。。


気になって、夜にもそっと確認に行きました。
親鳥が来ている気配は全くありません。


その後も、
巣の保温が甘かったのではないか、
親鳥が気付いてくれるように、もっと良い場所は無かったか、
気が気でありませんでした。



結局のところ、
人間が勝手な情けから、一時的に餌をやったり保護をしたとしても、
親鳥が餌をやって、巣立つ際には餌の取り方など教えないと
雛鳥はその後生きていけません。



次の日、月曜日の朝一番に
業者様が巣の様子を見に行ってくれました。


ダメでした。。
雛は5匹とも亡くなっていました。


野鳥の雛は2週間程で巣立つといいます。
入居の日が、あと10日ほどズレていたら良かったのに、
と思わず思ってしまいました。

人間の都合で、巣を移動させてしまってごめんね。


こんな時、苦肉の策で、
雛鳥付き物件で貸すなんていうのもあり?
(いや、無いですね。)





















スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

まるこ

Author:まるこ


プロフィール詳細はこちら

まるこへのご連絡はコチラから

お気軽にご連絡ください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

しょぼくれん

不動産投資サークル?!

QRコード

QRコード

アクセス

最新記事

関西大家の会

定期的なセミナー&懇親会を
開いたり情報交換を行っています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。