スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物件所在地から見る地震ハザードカルテ

先日、聞きなれない大音量のアラームがスマホから聞こえて
ドキッ

何かと思ったら「大阪880万人訓練」なる通知でした。
350万台のスマホ・携帯が一斉に鳴ったそうです。

訓練緊急地震速報ということで、
アラーム音にびっくりしたのか、国道の真ん中で停車している人も見かけました(苦笑)

その後、少し早目のランチで入ったインド料理の店では
インド人の店員さんにスマホの画面を見せられ

「日本語の表示がわからない、何が起こったの???どこかで地震か???」
とすごく不安そうに聞かれました。

確かに、日本語が読めないとアラーム音だけで不安になりますよね。


+++

さて、TVで紹介されていたので既にご存知の方もいると思いますが、
独立行政法人 防災科学技術研究所が公開している
地震ハザードカルテ


地震ハザードカルテ


物件の所在地を入力すると、
下記の情報を見ることができます。


1. 評価地点情報(中心緯度、経度、標高、人口)

2. 総合評価

3. 表層地盤

4. 深部地盤

5. 30年、50年地震ハザード

6. ハザードカーブと影響地震カテゴリー

7. 長期間平均ハザード


各項目の見方はこちら

リスクが高いと診断されるエリアは
診断結果のグラフが真っ赤になります^^;


このような防災関連サイトは他にもありますね。

例えば、
国土交通省 ハザードマップポータルサイト

こちらは、洪水や津波、土砂災害なども載っています。


スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

まるこ

Author:まるこ


プロフィール詳細はこちら

まるこへのご連絡はコチラから

お気軽にご連絡ください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

しょぼくれん

不動産投資サークル?!

QRコード

QRコード

アクセス

最新記事

関西大家の会

定期的なセミナー&懇親会を
開いたり情報交換を行っています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。