スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西大家の会 長嶋修氏セミナー

週末は関西大家の会でした。

今回のセミナー講師は、長嶋修氏

「2020年にこうなる 激変する住宅市場解説」
というタイトルでお話し頂きました。


概要は、
・ホームインスペクションの現場実例
国交省政策転換の衝撃
・情報整備で何が起きるか?
・金融機関の評価手法が変わる
・2極化する建物の担保価値   など。


長嶋修氏 セミナー


いやー、国交省の政策転換の話、
ほんとインパクトありました。

思っていたよりも情報整備や建物評価方法変更の話が
具体的に進んでいるんだなと。


普段、賃貸業をやっていると、視野がどうしても狭くなりがち。
目先の客づけとか運営とか、リフォーム内容とか物件探しとか。

それはそれで、大事なことですが、
賃貸業を含め、事業は国の政策・制度に大きく左右されるもの。

海外の成熟した住宅市場がどのようになっているのかの事例を踏まえつつ、
国が目指している方向・内容を知ることの重要性を改めて感じました。

木と森を見ましょうってことですね。


国交省の委員に入っていらっしゃる長嶋さんならではのお話が聞けて
良かったです。



懇親会では久しぶりにお会いした方たちもいて、
とても楽しく不動産談義しました。

不動産という共通言語があると、
ほんと、時間を忘れて話をしてしまいますね。


みなさん、それぞれ事業や人生を楽しみながら頑張っていて
すごいなーと思ったり、良い刺激を受けました。


長嶋さん、ご一緒させて頂いた皆様、
有難うございました!








スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

まるこ

Author:まるこ


プロフィール詳細はこちら

まるこへのご連絡はコチラから

お気軽にご連絡ください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

しょぼくれん

不動産投資サークル?!

QRコード

QRコード

アクセス

最新記事

関西大家の会

定期的なセミナー&懇親会を
開いたり情報交換を行っています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。